マンゴーの特徴

チェリモヤ、マンゴスチン、マンゴーといえば世界三大美果と言われています。

その中でもマンゴーは、日本人にとっても馴染みのあるフルーツではないでしょうか。

マンゴーはウルシ科の果実で、日本で出回っているものは楕円形の外見、1個当たりおよそ300gから500gの大きさが特徴です。

皮も果肉も濃いオレンジ色で、甘い香りを想像する人が多いかと思いますが、世界では600種以上の品種が栽培されていて、グリーンや黄色の皮を持つ品種もあります。

熱帯地域で栽培されるトロピカルフルーツですが、強い甘みで日本でも人気があるフルーツです。

しかし、日本では1個4・5千円もするものが贈答用として販売されるなど、高級フルーツのイメージもあります。

見た目にこだわらなければ、形・大きさが不揃いな安いマンゴーも市場に出回っています。

日本でも九州の暖かい地方で栽培されており、近年のネット普及により、食べごろマンゴーが産地直送で簡単にお取り寄せができるようになっています。