海外のマンゴーと国産マンゴー

マンゴーは熱帯地域原産のトロピカルフルーツですが、日本でもハウス栽培のノウハウが確立されて、美味しい国産マンゴーが気軽に手に入るようになりました。

国産マンゴーはビニールハウス栽培で、手間暇かけて栽培されます。

温度や湿度はもちろん、受粉を手伝ったり、日当たりを均一にしたり、傷が付かないようにカバーをしたりと手間をかけて、形も食感も最高の物ができあがります。

さらに国内だと完熟マンゴーの収穫が可能です。

果実は熟させて収穫するのと、青いうちに収穫して追熟させるのとでは、糖度が全く違ってきます。

輸送時間のことを考えると、海外産はどうしても完熟して収穫することは難しく、糖度は低くなります。

栽培に手間がかかっているので国産マンゴーは高価ですが、それでも一度完熟の果実を味わった人は高い国産マンゴーを選ぶようです。

野菜でもフルーツでも旬なものが一番美味しく頂けるので、海外の産地にいけばそこの旬のマンゴーを味わえます。