マンゴーの切り方

マンゴーの切り方といえば、カノコ状になった亀の甲羅みたいな飾り切りが有名です。

レストランなどで良く見られますが、家庭でも簡単に切ることができます。

まず、マンゴーを魚を3枚におろすような感じで、種を避けて3枚に削ぎましょう。

マンゴーには真ん中に厚さ1cmぐらいの種が入っています。

実の大きさに対して、意外と小さいですね。

3枚に削いだうちの上と下をカノコ状に切り込みを入れます。

コツは、皮を切り離さず、実だけを切ることです。

また、等間隔に切り込みを入れることで、仕上がりがキレイになります。

そして切り込みを入れれば、下から押し上げるだけで、飾り切りが完成します。

この切り方ができれば、お客様をもてなすときにも役立ちますね。

もちろん真ん中の種周りの実も、残さず食べましょう。

結構美味しいところなので、フルーツを切る人の特権で独り占めできますね。

その他にもアボカドやキウイのように、豪快にスプーンですくってもいいですし、バナナのように皮を剥いて食べるのも良いでしょう。