マンゴーの黒い斑点は何?

マンゴーには黒い斑点がついているものがあります。

あの黒い斑点は、炭疽病によるものです。

動物にも炭疽病があり、人にもうつる怖い病気と知られていますが、植物の炭疽病は病原菌が違い、人にうつることはないので心配はありません。

カビのような糸状菌が原因です。

見た目が悪いので、もちろん売り物にはならないのですが、斑点が無かったものを買ってきても追熟する段階で斑点が出てくることもあります。

斑点がある果実でもその部分を切り落として食べれば全く問題はありません。

嫌がる人も多いのですが、味にはなんら変わりはないので、店頭に並べることのできないわけありマンゴーを格安で購入するマンゴー好きもいます。

実は日本でもっとも馴染みのあるアーウィン種は、炭疽病に非常に弱いのです。

炭疽病に強い品種にはトミーアトキンス種があるのですが、日本で栽培しようと思うとなかなかうまく実が付かないので、あまり栽培している農家は少ないのです。