オーストラリアのマンゴー

オーストラリアも、日本へマンゴーを輸出している国として知られています。

日本に輸入されているオーストラリアマンゴーの品種は、主にケンジントンプライド種とキーツ種、ケント種です。

ケンジントンプライド種は、桃のようにピンク色で丸っこいピーチマンゴーが有名です。

オーストラリア産のマンゴーの輸出が解禁されたのは1994年のケンジントンプライド種が初めてで、その後ケント種やキーツ種も許可がおりました。

日本へ輸入されるようになったのは1994年のことなので、それほど歴史はありません。

広大な土地で露地栽培されますが、木の高さは低く、2mぐらいに整えられています。

オーストラリアのマンゴー農園では、バックパッカー向けに季節労働者を募集します。

日本とは季節が反対になるため、10月から1月にかけて収穫時期を迎えます。

その収穫時期に合わせてワーキングホリデービザで入国し、オーストラリアマンゴーの収穫を経験するのもいいのではないでしょうか。